健康診断の数値の見方は?数値改善アドバイスについて徹底解説!

健康診断の数値の見方は?数値改善アドバイスについて徹底解説!

この記事をシェアする

健康診断を受けたもののどのように見たらいいのかわからない方も多くいるかと思います。実際に健診など数値が高いと何か病気ではないかと心配になりますよね。

数値の改善の仕方についても気になる方も多くいるかと思います。

そこで、今回の記事では、健康診断の数値の見方や数値改善のためのアドバイスについて詳しく解説していきます。

健康診断はなぜ必要なのか?

健康を維持するためには、運動やバランスの取れた食事、健康的な生活を送ることが重要ですが、定期的に健康診断を受けることも非常に重要です。

なぜ定期的に健康診断を受けなければならないのでしょうか?

定期的に健康診断を受けることで、さまざまな病気を未然に防ぎ、病気の早期発見につながります。以下のようなメリットがあります。

  1. 定期的に健康診断を受けることで、病気になるリスクを減らすことができる
  2. 健康診断はストレス関連疾患の発見に役立つ
  3. 年に1度の健康診断で血液検査の結果がわかる
  4. 定期的な健康診断で健康への意識が高まる
  5.  年1回の全身検診は、時間の経過とともに医療費を削減できる

健康診断の数値の項目の見方

健康診断では、主に身体測定、医師の診察、血圧測定、視力・聴力検査、尿検査、胸部レントゲン、心電図、血液検査を行います。

生活習慣病の発見を目的とした健康診断の検査項目は以下の通りです。

①身体測定

  • 身長
  • 体重
  • BMI
  • 体脂肪率  
  • 腹囲

特に重要なのがBMIの項目であり、体重(kg)÷身長(m)の2乗で計算し、肥満度を判定します。

BMIが25を超えると生活習慣病のリスクが2倍以上になるとされています。

要注意基準範囲要注意
体格指数(BMI)18.4以下(低体重)18.5~24.925.0以上(肥満)
  • 聴力検査(1000Hz、4000Hz)

日本では、ほとんどの健康診断に標準的な純音聴力検査が使用されています。この検査では、各耳でさまざまな強度の音が聞こえ、音が聞こえるたびにボタンを押す必要があります。

1000HZの低音域と4000HZの高音域に分けて検査し、30dB以下の音が聞こえれば問題ありません。

基準範囲要注意異常
1000HZ30dB以下35dB40dB以上
4000HZ30dB以下35dB40dB以上
  • 視力検査

視力検査では、裸眼または矯正視力を測り、0.7未満の場合は近視や乱視の可能性が高まります。

基準範囲要注意異常
1.0以上0.7~0.90.6以下

②血液検査

血球検査では次のような項目を確認することができます。

  • 赤血球数
  • 血小板数
  • 白血球数
  • ヘモグロビン
  • ヘマトクリット

この検査では、血液の多くの部分を測定します。ヘモグロビンとヘマトクリットに関しては、ヘモグロビンは、体のさまざまな部分に酸素を輸送する赤血球中の鉄分が豊富なタンパク質です。

ヘマトクリットは、赤血球が血液の中で占めるスペースの量の尺度です。ヘモグロビンまたはヘマトクリットのいずれかが低い場合は、貧血の兆候が考えられます。

③脂質検査

血液中の脂質(コレステロールとトリグリセリド)が多すぎると、血管や動脈に蓄積し、損傷を引き起こし、心臓血管の問題のリスクを高める可能性があります。

この検査では、心臓病、心臓発作(心筋梗塞)、脳卒中などの心血管疾患のリスクを評価しています。

  • HDLコレステロール

「善玉コレステロール」として知られるタイプのコレステロールです。血管内の LDLコレステロールの蓄積を減らすのに役立ちます。

異常要注意基準範囲
34以下35~3940以上
  • LDLコレステロール

「悪玉コレステロール」として知られているタイプのコレステロールです。血管に蓄積し、心血管疾患のリスクを高める可能性があります。

異常基準範囲要注意異常
59以下60~119以下120~179180以上
  • トリグリセリド(中性脂肪)

私たちが食べる食品から出る脂肪の一種です。血液中のトリグリセリドの値が高いと、心血管疾患や膵臓の炎症などが考えられます。

異常基準範囲要注意異常
29以下30〜149以下150~4995000以上

④肝機能検査

肝機能検査は、血液中のタンパク質、肝酵素、およびビリルビンのレベルを測定することにより、肝臓の健康状態を判断するのに役立ちます。

  • AST(GOT) /ALT(GPT)

ASTは、以下を含む体のいくつかの部分に見られる酵素です。

  • 心臓
  • 膵臓
  • 肝臓
  • 筋肉

肝臓が損傷すると、ASTが血流に放出され、ASTの値が高い場合は、肝臓または筋肉に問題があることを示している可能性があります。

また、ALTは、体がタンパク質を代謝するために使用します。肝臓が損傷を受けているか、正常に機能していない場合、ALT が血液中に放出される可能性があります。

基準範囲要注意異常
AST30以下31~5051以上
ALT30以下31~5051以上
  • ALP

ALPは、骨、胆管、および肝臓に見られる酵素であり、肝臓の胆管系を評価するために使用できます。

ALPが高いと、肝臓の炎症、胆管の閉塞、または骨疾患を示している可能性があります。

  • ビリルビン  

ビリルビンは、赤血球の分解による老廃物です。通常は肝臓で処理されます。

損傷した肝臓は、ビリルビンを適切に処理できません。これにより、血液中のビリルビン値が異常に高くなります。

  • 総タンパク質  
異常要注意基準範囲要注意異常
6.1以下6.2~6.46.5~7.98.0~8.38.4以上
  • アルブミン  

アルブミンは、肝臓で作られる主なタンパク質であり、組織に栄養を与え、ホルモン、ビタミン、その他の物質を体中に運びます。アルブミン検査は、肝臓がこの特定のタンパク質をどれだけうまく作っているかを測定します。

アルブミンの値が低い場合は、肝臓が適切に機能しておらず、肝硬変、栄養失調、癌などの病気が考えられます。

基準範囲要注意異常
3.9以上3.7~3.83.6以下

⑤腎機能検査

腎機能検査は、腎臓がどの程度機能しているかを評価するために尿検査または血液検査を行います。

  • BUN(尿素窒素)

この検査は血液中の窒素の量を測定します。尿素窒素はタンパク質の分解産物です。

正常値は 7〜 20 mg/dL であり、BUNが高いと、いくつかの異なる健康上の問題を示唆している可能性があります。

  • クレアチニン

この血液検査では、血液中にクレアチニンが蓄積しているかどうかを調べます。

腎臓は通常、血液からクレアチニンを完全にろ過しますが、腎臓に問題があるとクレアチニンの数値が高くなります。

女性で 1.2 mg/dL、男性で1.4 mg/dL を超えると腎臓の問題がある可能性が高いです。

基準範囲要注意異常
男性1.00以下1.01~1.291.3以上
女性0.70以下0.71~0.991.0以上
  • eGFR

腎臓が老廃物をどの程度ろ過しているかを推定できる検査であり、この検査では次のような要因からeGFRを調べます。

  • 性別
  • 人種
  • 身長
  • 重さ

60未満の結果は、腎臓病である可能性があります。

基準範囲要注意異常
60.0以上45.0~59.944.9以下
  • 尿蛋白

尿中のタンパクと血液の存在をスクリーニングします。感染症や激しい運動などでも尿蛋白が出ることがあります。

基準値要注意異常
陰性(-)(+)(±)(+2以上)

⑥空腹時血糖検査

2型糖尿病を特定または除外するために、空腹時血糖検査を使用して血中のブドウ糖の量を測定します。

  • 空腹時血糖

通常、空腹時血糖値は 100 mg/dL までが正常と考えられていますが、100〜125 の間は、血糖障害 (糖尿病の危険因子) を意味し、126 以上は糖尿病の診断に関わります。

基準範囲要注意異常
99以下100~125126以上
  • HbA1C

ヘモグロビン A1c テストと呼ばれる別の種類の血糖測定も、糖尿病の診断に使用できます。

5.6〜6.4 は糖尿病の前段階を示し、6.5以上は糖尿病を示します。

基準範囲要注意異常
5.5以下5.6~6.46.5以上

⑦循環器系の検査

  • 血圧の測定
  • 心電図(安静時)

 血圧は 2 つの測定値を使用して決定されます。1 つ目は収縮期血圧で、心臓が収縮する (拍動する) ときの動脈の圧力を測定します。2 つ目は拡張期で、心臓が弛緩して血液で満たされたときの拍動間の圧力を測定します。

健康な血圧は、収縮期の数値が120 未満で、拡張期 の数値が 80未満の場合となってます。

基準範囲要注意異常
血圧収縮期血圧129以下130~159160以上
拡張期血圧84以下85~99100以上

⑧X線検査

最初は胸部X線です。この検査では、肺炎や肺結核、肺がんなどのスクリーニングを行うことが目的となってます。

※医師の診察・問診による診察

最後に行われる問診では、検査だけでは分からない以下のような項目を詳しく調べます。

  • 内服歴
  • 既往歴
  • 家族歴
  • 現在の健康状態

これらを数値と照らし合わせて総合的に判断します。

健康診断の結果の見方は?

健康診断の総合判定の結果としては、数値データやコメントに加えて、結果シートには採点システムが含まれる場合もあります。

ほとんどの場合、 A から F (または E) までの 6 つの項目で評価されます。

これらの文字の意味は次のとおりです。

A:異常なし : 結果に問題ありません。

B:心配なし : 現在のところ 、心配する必要はありません。軽度異常と表現されることもありますが、平均からの軽度の変動であれば日常生活には問題ありません。

C: (要)経過観察 : 状態がどのように進行するかを観察します。

D: (または D1): 要相談または要治療 : 医療相談 (または治療) が必要です。

E: (または D2) 要精密検査 : 病院での精密検査が必要です。

F: 治療中 : 現在治療中です。

健康診断の数値改善アドバイス

それでは、健康診断の数値の見方がわかったところで具体的にどのような改善アドバイスがなされるのか解説していきます。

たとえば、以下のようなコメントがレポートに記載されることがあります。

  • 再検査のアドバイス : ○ヶ月後再検査を要します。
  • 受診する科の選択 :より詳しい検査のために専門医を受診して下さい。
  • 食事や生活習慣の改善 : 低コレステロール食を心がけてください。

貧血の方の改善アドバイス

貧血には食事療法がまずは大切であり、ヘモグロビンと赤血球の生成に不可欠な鉄分やその他のビタミンが豊富な食品が含まれます。

食品に含まれる鉄には、ヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があります。

ヘム鉄は、肉、鶏肉、魚介類に、非ヘム鉄は、植物性食品などに含まれています。

  • 葉物野菜 : 葉物野菜、特に色の濃い野菜は、非ヘム鉄が豊富です。
  • ビタミンC : 胃が鉄を吸収するのを助けます。葉物野菜をオレンジ、赤ピーマン、イチゴなどのビタミン C を含む食品と一緒に食べると、鉄の吸収が高まる可能性があります。
  • 肉と鶏肉 : 肉と鶏肉にはヘム鉄が含まれています。
  • レバー : レバーなどの内臓肉は鉄分と葉酸が豊富です。
  • 魚介類 : 一部の魚介類はヘム鉄が含まれています。

肥満気味、脂質や血糖値が高い方への改善アドバイス

まずは、食事を変えることです。内容としては、飽和脂肪、糖、およびアルコールの摂取量を減らすことが含まれます。また、果物、野菜、全粒穀物などもおすすめです。

 

さらに、食事だけでなく、毎日の運動と減量も、改善に役立つ可能性があります。

肝機能が悪い方への改善アドバイス

肝機能が悪いといわれた方は以下の点に注意してください。

  • 適度にアルコールを飲む : 健康な成人の場合、女性は 1日1杯、男性は1日2杯適度にしましょう。
  • 予防接種を受ける : 肝炎にかかるリスクが高い場合、または何らかの形の肝炎ウイルスにすでに感染している場合は、A 型肝炎および B 型肝炎ワクチンの接種について医師に相談してください。
  • 薬は正しく服用する : 薬剤性肝炎を避けるために処方薬や市販薬は、必要な場合にのみ、推奨用量だけを服用してください。
  • 他人の血液や体液との接触を避ける : 肝炎ウイルスは、偶発的な針刺しや、血液や体液の不適切な洗浄によって広がる可能性があります。
  • 健康的な体重を維持する : 肥満は、非アルコール性脂肪肝疾患を引き起こす可能性があります。

血圧の数値が高い方への改善アドバイス

以下のような健康的な生活を送ることで、高血圧を予防することができます。

  • 健康的な食生活 : 血圧を管理するには、食事中のナトリウム(塩分) の量を制限し、食事中のカリウムの量を増やす必要があります。
  • 定期的に運動する : 運動は、健康的な体重を維持し、血圧を下げるのに役立ちます。
  • 健康的な体重を維持する : 過体重または肥満は、高血圧のリスクを高めます。
  • アルコール制限 : アルコールを飲みすぎると、血圧が上昇する可能性があります。
  • 喫煙しない : 喫煙は血圧を上昇させ、心臓発作や脳卒中のリスクを高めます。
  • ストレスの管理 : リラックスしてストレスを管理する方法を学ぶことで、高血圧を下げることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。日本では、ほとんどの人が年に一度の健康診断を受けています。従業員は毎年健康診断を受けることが義務付けられています。

健康診断の結果に基づき、生活習慣の改善を通じて病気の発症や重症化を予防することで、個人の健康管理を促進することができます。

今回の記事では、各検査項目の数値が高いもしくは異常な場合にどのような改善方法があるのかについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事をシェアする

よく一緒に読まれる記事

地域医療とCRMで診察の未来が変わる

ビジョナリーカンパニーにみる歴史に名を残す企業とは?

医療チャットボットで変わる診療の世界

医療4.0がもたらす日本の未来とは?

面倒だけど経営に役立つ「か強診」のメリットとデメリットを深堀りする

高いけどやっぱり気になる…口腔内スキャナーのメリット

SPTは患者の歯を守るだけでなく医院の安定収益にも

まだ病気になっていないから大丈夫...では遅い!健康寿命を伸ばすために…

【歯科医院向け】令和5年4月から原則義務化! オンライン資格確認システ…

【新常識】老化の原因は「リン」にあった!?〜健康だからこそ健康につ…